スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)

 日本医師会の会長選に立候補している森洋一氏(京都府医師会長)の選挙対策本部(上原春男本部長)は3月25日、陣営として同日、日医に推薦した副会長(定数3)の候補者3人と常任理事(同10)の候補者7人を発表した。副会長候補に推薦したのは、横倉義武氏(福岡県医師会)ら、現職の唐澤祥人氏の陣営が23日に発表したのと同じ顔触れ。常任理事候補の人選も5人が唐澤陣営と重なった。

 森陣営の安達秀樹氏(京都府医師会副会長)は25日、京都市内で記者会見し、「キャビネット選挙を廃止する以上、一緒に仕事をしたいと思う人(の名前)が複数の陣営から挙がることは当然あり得る。唐澤陣営と同時に発表しても、こういう形になったと思う」と述べた。

 森氏の選対本部によると、今回発表した副会長と常任理事の候補者計10人は、いずれも日医に推薦状を提出することを了解したという。また、常任理事の残り3人は推薦手続きの了解が得られず、発表を見合わせた。安達氏は残り3人の人選について、「仮に森会長が就任したら一緒に仕事をするという意識を持っている方がいるが、発表の段階で(了解を得ずに名前を挙げる)“勝手推薦”をすることは慎む」と説明した。

 横倉氏のほかに森陣営が推薦した副会長候補は、内田健夫氏(神奈川県医師会)と中川俊男氏(北海道医師会)で、唐澤陣営の候補者と同じ顔触れ。常任理事候補では、川出靖彦氏(岐阜県医師会)、川島周氏(徳島県医師会)を除く5人が唐澤陣営と重なった。両陣営による打ち合わせはしていないという。

 安達氏は会見で、副会長候補に推薦した横倉氏について、「森支持を明確にしている」と明らかにし、唐澤陣営の対応を「勝手推薦だ」と批判した。

 日医会長選は4月1日に投開票が行われる。森氏と唐澤氏のほか、原中勝征氏(茨城県医師会長)、金丸昌弘氏(京都府医師会)が立候補。森、唐澤、原中3氏は、関東甲信越医師会連合会が20日に開いた立候補者による公開討論会で、落選したら陣営として推薦した役員候補者も就任を辞退する従来型のキャビネット選挙は行わない方針を表明している。

 森陣営が推薦した候補者は次の通り(敬称略。新は新任候補、太字は唐澤陣営も推薦)。

【副会長】横倉義武(65、福岡県医師会、新)、内田健夫(61、神奈川県医師会、新)、中川俊男(58、北海道医師会、新)

【常任理事】三上裕司(60、大阪府医師会)、今村定臣(62、長崎県医師会)、川島周(65、徳島県医師会、新)、藤川謙二(55、佐賀県医師会、新)、高杉敬久(65、広島県医師会、新)、川出靖彦(65、岐阜県医師会、新)、石川広己(56、千葉県医師会、新)


【関連記事】
日医会長選に4人が立候補
副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営




<名誉棄損>ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める(毎日新聞)
関ケ原町長に賠償命令=町民のプライバシー侵害で-岐阜地裁支部(時事通信)
自民党執行部に意見を言う会合、舛添氏ら欠席(産経新聞)
バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に-大阪府警(時事通信)
人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)
スポンサーサイト

福生殺人 25歳容疑者逮捕 路上で男性刺す(毎日新聞)

 26日午後10時半ごろ、東京都福生市福生の路上から「知らない男にからまれ、友人がナイフで刺された」と110番があった。警視庁福生署員が駆け付けると、福生市熊川、無職、浜中優太さん(22)が左胸など数カ所を刺されて倒れていた。浜中さんは約1時間20分後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 福生署は逃走した男の行方を追っていたところ、約4キロ離れた瑞穂町箱根ケ崎の飲食店駐車場に現場で目撃されたナンバーの車が止まっているのを発見。店内にいた住所・職業不詳、金子正樹容疑者(25)の顔や服装が目撃情報と一致したため、27日未明に殺人容疑で緊急逮捕した。

 捜査1課などによると、金子容疑者は、JR青梅線福生駅近くの歩道を歩いていた浜中さんに「どこ見てんだ。刺してやるぞ」などと車で追い抜きざまに因縁をつけ、持っていた刃物で刺したとみられる。金子容疑者は「おれはやっていない」と容疑を否認しているという。免許証には墨田区の住所が記されていたが、職業や住所について何も話していないという。凶器は発見されていない。

 福生署によると、浜中さんは同窓会を終え、友人の男性(22)と2人で肩を組みながら歩道を歩いていた。突然刺され、友人は「やめろ、やめろ」と押さえこもうとしたが、金子容疑者は振り払い、さらに数カ所を刺して逃走したという。

 福生署には同級生十数人が駆け付け「なんで優太が……」と言葉を失った。「うわー」と号泣している女性もいた。現場近くの女性従業員(21)は「男の怒鳴り声が聞こえ、若い男性が『腹を刺された。事件だ』と叫んでいた。倒れている人はぴくりとも動かなかった」と青ざめた表情で語った。【神澤龍二、山本太一】

【関連ニュース】
<刺殺事件>石巻の2女性刺殺:家裁送致 無職少年の処遇焦点 元交際相手は逆送の見通し /宮城
<刺殺事件>知人男性刺殺:64歳被告に懲役13年 大阪地裁堺支部
<刺殺事件>大分・長女刺殺事件:両親のトラブルの巻き添えか 大学進学目前 門出の同窓会開けず 知人ら「なぜ…」
<刺殺事件>殺人:18歳の娘を刺殺、妻もけが 容疑の父、海で死亡--大分
<刺殺未遂事件>裁判員裁判:殺人未遂公判 補充裁判員、女性に「なぜメール消去」 /大分

チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案(医療介護CBニュース)
郵政改革「最終案」、首相が閣僚懇で調整指示(読売新聞)
組織のゆがみ指弾 高松塚劣化、あぶり出された「人災」(産経新聞)
「コンビニ強盗やった」と供述=計4件か、包丁所持で逮捕の男-奈良県警(時事通信)
3歳男児が転落死 マンション14階のベランダから誤って転落?(産経新聞)

山手線など一時不通、4700人が車内缶詰め(読売新聞)

 23日午後7時20分頃、JR埼京線で停電が起き、同線のほか、山手線と湘南新宿ラインで運転を見合わせた。

 埼京線の武蔵浦和行き電車(10両)など3本が駅間で止まり、乗客4700人が車内に閉じ込められ、うち1500人が線路を最寄りの目白駅まで歩いた。全線で午後10時44分、運転を再開した。警視庁によると、目白駅近くの架線にパラボラアンテナのケーブルが引っかかったことが停電の原因とみられる。

企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低-厚労省調査(時事通信)
普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)
定昇は維持、一時金満額割れも…春闘一斉回答(読売新聞)
鳩山邦夫氏 新党は「いばらの道」(産経新聞)
胴体に針金?食い込む、脚ひきずる野犬(読売新聞)

浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)

 21日午後0時26分ごろ、東京都港区のJR山手線浜松町駅の内回りホームで、若い女性が線路上に飛び込んだ。女性は電車にはねられたとみられ、死亡したもよう。

 事故の影響で、同線は内回り、外回り全線で運転を見合わせていたが、午後1時12分に再開した。

【関連記事】
駅の自販機で缶コーヒーが無料でもらえる?
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超
「青い光」、自殺予防の抑止力になるか? 検証までに時間必要
首都圏の鉄道は台風に弱い? 「安全」は評価だが防風柵など対策必要
20年後、日本はありますか?

<地方分権>改革推進委、実質的な活動終了(毎日新聞)
普天間移設、2案提示へ…米側過去に却下(読売新聞)
漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
不正アクセス容疑 芸能人445人分のID“公開” 逮捕(毎日新聞)
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故-兵庫(時事通信)

村田元駐米大使が死去…密約引き継ぎ明らかに(読売新聞)

 元駐米大使、元外務次官の村田良平氏が18日午後2時5分、京都市内の自宅で死去していたことが19日、わかった。80歳だった。

 村田氏は1952年、京都大卒業後に外務省に入省。中近東アフリカ局長などを経て、外務次官、駐米大使、駐独大使などを歴任した。

 退官後は青山学院大学教授などを務め、2008年には「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房)を出版した。昨年6月には、日米間の核持ち込みに関する「密約」に関連し、歴代次官の間で引き継ぎ書が存在したことを明らかにしていた。

「ヨガ教師受け入れて」 日印EPA交渉(産経新聞)
天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
狭い介護施設も検討 スプリンクラー補助で厚労相(産経新聞)
ストラーダチューンで自分仕様に仕立て上げる楽しみを

<東海道新幹線>三島-静岡駅間で停電、2900人に影響(毎日新聞)

 16日午前9時45分ごろ、東海道新幹線三島-静岡駅間で、停電し、走行していた広島発東京行き「のぞみ110号」など上り3本が停車した。6分後に復旧したが、最大で13分遅れ、約2900人に影響した。JR東海が原因を調べている。

【関連ニュース】
JR東海:架線切れ事故で再発防止策 常務ら処分
JR高山線:線路のボルト折れる…岐阜・下呂
リニア中央新幹線:中間駅建設、地元負担に自治体反発
リニア新幹線:「25年開業」遅れも 景気低迷でJR東海
リニア中央新幹線:整備計画などを交政審に諮問へ 国交省

温暖化法案閣議決定 産業界負担増、強い不満 競争力低下、雇用に影響(産経新聞)
<懲戒請求>弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知(毎日新聞)
<岡田外相>資産を訂正(毎日新聞)
自宅から大麻、コカイン押収 JAYWALK・中村容疑者(産経新聞)
内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ-時事世論調査(時事通信)

<裁判員裁判>「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁(毎日新聞)

 神奈川県小田原市の民家で09年6月、住人男性の遺体が見つかった事件で、殺人罪に問われた静岡県熱海市の土木作業員、海野洋一被告(55)の裁判員裁判で、横浜地裁は15日、懲役16年(求刑・懲役17年)を言い渡した。裁判では殺意の有無が争点となり、大島隆明裁判長は「被告の供述は信用できず、当初から強い殺意を持っていた」と指摘した。

 判決によると、海野被告は09年1月18日ごろ、小田原市上曽我の無職、稲毛則男さん(当時59歳)方で、稲毛さんの胸などを刃物で刺し失血死させた。

 検察側は、海野被告が8回も稲毛さんを刺したうえ、心臓に達する傷もあったことなどから「強い殺意があった」と主張。弁護側は「最初に刺したときは(殺意は)なく、2回目以降は記憶がない」と述べ「懲役9年が相当」と主張していた。【杉埜水脈】

【関連ニュース】
裁判員裁判:父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決
自宅放火:心神喪失認めず有罪判決 東京地裁
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
スナック経営者刺殺:起訴内容を全面否認 初公判で被告
裁判員裁判:「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露

皇太子さま、野口英世研究室を視察(時事通信)
<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
宮城、福島、山形で震度4(産経新聞)
直接支払制度の影響で約5千人の「出産難民」も―産科中小施設研究会(医療介護CBニュース)
高杉晋作の遺品返せ…ひ孫らを記念館が提訴(読売新聞)

岩手の高校、監督教員の携帯鳴り試験やり直し(産経新聞)

 岩手県立杜陵高校(盛岡市)で9日行われた入学試験で、英語のヒアリング試験中に監督教員の携帯電話が鳴り、試験をやり直すというハプニングがあった。

 同校によると、携帯電話の着信音が鳴ったのは50代の男性教員で、体調不良の受験生3人が試験を受けた保健室の監督を担当していた。学校放送を通じて出題した3問のヒアリング問題の1問目の途中で突然、男性教員の着信音が鳴りだし、約2秒後に携帯を切ったという。

 同校では全問終了後、94人の受験生全員に再度、1問目の問題を流した。

 菅原完司校長は取材に対し「不注意で緊張感が足りなかった。受験生に迷惑をかけて申し訳なかった」と謝罪した。

 岩手県教育委員会によると、携帯電話の着信音対策として、受験生には受験要項で「試験場内への持ち込み禁止」を指導していた。9日の試験直前には、各校で再度注意し、持ってきた受験生からは携帯を預かるなどの対応をしていた。監督教員にも「携帯は職員室に置いて試験場に持ち込まないように」と指示していたという。

【関連記事】
学力テスト 民主は政策の誤り認めよ
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程
判定ミスで6人を追加合格 横浜の鶴見大
東北大入試で出題ミス 正解2つ
鹿児島大入試で出題ミス 570人全員正解に

ベスーン船長、容疑説明にうなずく シーシェパード逮捕(産経新聞)
<温暖化対策法案>12日に閣議決定へ 生産量規制も検討(毎日新聞)
飲酒人身事故の警部補停職=処分受け依願退職-静岡県警(時事通信)
地下鉄サリン 15年ぶり「13人目の死者」認定 (産経新聞)
<鶴岡八幡宮>大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台(毎日新聞)

<雑記帳>納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)

 納豆の早食いを競う世界大会が6日、水戸市で開かれた。中国、ミャンマー、エチオピアなど5カ国から男女72人が参加。07年に優勝経験のある地元の会社員、中村正樹さん(44)が王者に返り咲いた。

 水戸納豆PRのため、地元観光協会が主催し、今年で10回目。ところが、バラエティー番組などで名を売った大食いの猛者たちが全国から集結し、水戸市民の成績は振るわなかった。

 出場9回目の中村さんは決勝で、わら納豆5本分(350グラム)を30秒97で完食。「毎晩食べてます。優勝を水戸に取り戻したかった」。納豆への愛がもたらしたナットクの結果か。【山内真弓】

<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)
<裁判員裁判>「胸締め付けられる」無期判決の裁判員が吐露(毎日新聞)
首相動静(3月4日)(時事通信)
<雑記帳>自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
<横浜国際総合競技場>命名権で日産と横浜市が再契約(毎日新聞)

女性に乱暴、男に懲役6年=「性犯罪審理、問題ない」-茨城(時事通信)

 女性に乱暴しけがをさせたなどとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた深作竜太被告(22)の裁判員裁判で、水戸地裁(河村潤治裁判長)は4日、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。
 河村裁判長は「犯行態様は被害者の人格を無視した卑劣かつ粗暴なもの」と指摘。「身勝手な動機に酌むべきものもない」とした。
 判決後、裁判員2人が記者会見。公判で、被害者の意見陳述はなかったが、30代の男性は「被害者の調書が具体的で、つらい思いをされたことが分かった。身近な人だったらと考えた」と話した。女性は「見るに堪えない、聞きたくないこともあったが、向かい合っていくべきなので(裁判員の対象事件として)問題があるとは感じない」と述べた。
 判決によると、深作被告は2007年10月24日、茨城県大洗町の路上で、通行中の女子生徒=当時(16)=の口をふさぎ、空き地に連れ込んでわいせつな行為をしたほか、09年7月7日には、同県茨城町の車内で、知人女性=当時(21)=の後頭部を殴るなどして乱暴し、顔面打撲などのけがを負わせた。 

【関連ニュース】
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕
防大生3人を逮捕=準強姦未遂容疑
中学生にわいせつDVD配布=ゲーム店の景品、経営者逮捕
陸自3曹を逮捕=女子中生にみだらな行為
5歳女児にわいせつ行為容疑=元幼稚園教諭を再逮捕

開業医の時間外電話相談、留守番電話対応も可(産経新聞)
世界製薬大手12社が増収(医療介護CBニュース)
トルコ人助教の博士号取り消し=論文に盗用-東大(時事通信)
有床診療所の評価「実質引き上げ」-厚労省担当者(医療介護CBニュース)
<津波>警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査(毎日新聞)

H氏賞に中国出身・田原さん「石の記憶」(読売新聞)

 新人の優れた詩集を顕彰する第60回H氏賞(日本現代詩人会主催)は6日、田原(でんげん)さん(44)の「石の記憶」(思潮社)に決まった。

 田原さんは中国・河南省出身で、1991年に来日。日中2か国語で詩を書き、受賞作は2冊目の日本語詩集となる。

 中堅以上の詩人を対象とする第28回現代詩人賞(同会主催)は高橋睦郎さん(72)の「永遠まで」(思潮社)に決まった。

 賞金各50万円。授賞式は5月23日、東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントで。

東京大空襲 墨田区役所に「平和のオブジェ」(毎日新聞)
トラック スーパーに突入…ATM狙う? 札幌(毎日新聞)
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件-京都・亀岡(時事通信)
高校無償化審議入り、「公私格差」が焦点に(読売新聞)
郵政正社員の待遇変えず=亀井担当相(時事通信)

首相、企業・団体献金禁止法案の今国会成立に期待感 国民新は反発(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、企業・団体献金禁止の実現に向け、政治資金規正法改正案の今国会成立に期待感を示した。民主、社民、国民新の与党3党は幹事長会談を開き、企業・団体献金禁止に関する与野党協議機関の設置を野党側に呼びかけることで一致した。だが、国民新党は協議機関呼びかけには同意したものの、企業・団体献金禁止には明確に反対しており、政府・与党内の亀裂が広がる可能性がある。

 首相は同日の参院予算委で、企業・団体献金の禁止について「政治不信を払拭(ふっしょく)させる大変重要な手だてとなる。この通常国会で結論を見いだしてほしい」と強調した。

 だが、与党の足並みは乱れている。

 企業・団体献金は政治活動に必要だとしている国民新党は「何で民主党の『政治とカネ』の問題の尻ぬぐいに、うちの党が付き合わなければいけないんだ」(国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相)と反発している。このため、自見庄三郎幹事長は与党幹事長会談で、協議機関設置は認めたが、「うちには考えがあるので、中身(の合意)は困る」とくぎをさした。

 小沢氏は会談後に行われた共同記者会見で、「『一方的に結論を』というやり方でなく、その場でみんなでやりましょう」と述べざるを得なかった。

 与党が一致していなければ、企業・団体献金禁止に反発する自民党に賛成するよう迫っても、迫力を欠くのは否めない。

 民主党は4日、与党幹事長会談に先立って、「政治資金対策チーム」の会合を開き、企業・団体献金を禁止する具体策の検討に入った。企業・団体献金の禁止に加え、企業などによる政治資金パーティー券の購入も禁じることが柱となる。

 ただ、政治活動に支障が生じかねないため、政党助成金を倍増する案や、公設秘書の雇用数の増加などを同時に実施する案も取りざたされている。景気の悪化から、「政党助成金の増額は国民の理解が得られない」との意見も強い。

 これに関連し、首相は参院予算委で、政治資金規正法の見直しで、秘書や会計責任者に対する政治家の監督責任強化にも意欲を示した。

【関連記事】
企業団体献金禁止で首相、今国会での法改正に意欲 五輪選手支援「積極的に検討」
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード
小沢一郎(67)民主党幹事長 「企業・団体献金禁止」疑惑棚上げ呼び掛け
政府・民主、企業・団体献金禁止で与野党協議呼びかけへ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<津波>高知・須崎でも120センチ 引き続き警戒呼び掛け(毎日新聞)
来年度予算案、衆院通過―年度内成立が確定(医療介護CBニュース)
捕鯨問題、外交解決目指す=NZ外相と電話会談-岡田氏(時事通信)
<異臭>山陽新幹線「のぞみ」で オイル漏れか 乗客避難(毎日新聞)
広島県の福祉医療費審査支払事務を受託―支払基金(医療介護CBニュース)

キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)

 キャバクラやクラブのホステスの源泉徴収税額算出をめぐり、報酬から差し引く必要経費を考慮した基礎控除額は、実際に出勤した日数分か、出勤日以外も含めた報酬計算期間の全日数分かが争われた訴訟の上告審判決が2日、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)であった。同小法廷は全日数分を控除できるとの初判断を示し、「実際の出勤日数分しか控除できない」と主張した国税当局勝訴の1、2審判決を破棄、審理を東京高裁に差し戻した。

 原告はキャバレークラブやパブの経営者ら。所得税法などで、経営者はホステスの所得税を源泉徴収して国に納める義務があり、その際、報酬から「報酬の計算期間の日数に5千円を掛けた額」を控除し、税額を算定すると規定されている。

 同小法廷は「報酬の計算期間の日数」について、「期間の初日から末日までの連続性を持った概念」と厳格に解釈。国税側の主張を退けた。

【関連記事】
キャバ嬢500人がラオスの子供たちを助ける!
キャバクラが不況で“熟女パブ”に
キャバ嬢労組が発足 セクハラなどの相談受付へ
人気現役女優を揃えた高級クラブで役員交代の裏事情
百花繚乱!? 現役AV女優キャバクラ大盛況のワケ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<年金保険料>救済効果1710万人 納付さかのぼり(毎日新聞)
<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)
葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
<08年水害>被害額は1660億円(毎日新聞)
外国人参政権、調整に努力=鳩山首相(時事通信)

出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査-大阪府警(時事通信)

 大阪府松原市で2003年1月、会社員の男性宅が放火され、妻が死亡する事件があり、自称44歳の男が神奈川県内の交番に出頭し「自分が火を付けた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。府警は男が関与した疑いがあるとみて事情を聴くとともに、慎重に裏付け捜査を進めている。
 火災は03年1月23日未明、松原市天美南の住宅で発生。男性宅1階ガレージから出火し妻が死亡、子ども2人もやけどを負った。
 男は今月1日午後11時20分ごろ、横浜市南区の交番に「無銭飲食をした」と出頭。県警南署が事情を聴いたところ、「実は大阪の方で放火もしている」と供述し始めたという。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず

外国人参政権法案「議員立法を用意」 民主・川上氏(産経新聞)
なぜ妻の料理はまずいのか ネットで夫たち「暴露大会」 (J-CASTニュース)
元選対幹部が控訴=小林千議員陣営の選挙違反-札幌(時事通信)
東大寺 春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り(毎日新聞)
<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)

昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)

 南米チリの大地震による津波から一夜明けた1日、宮城県内では、気仙沼市や石巻市など太平洋沿岸の全15市町の約7万世帯(19万1109人)に出ていた避難指示や勧告が解除され、避難所はすべて閉鎖された。

 津波は落ち着いたが、北部沿岸地域では深刻な漁業被害が明らかになってきている。漁業者は沖に出て養殖施設の被害を確認したり、浸水の被害を受けた市民らが後かたづけに追われていた。

 「年に300万円稼いでいたのに今年はゼロ。収穫の目前だったのに」。気仙沼市の昆布養殖業尾形利正さん(65)は嘆く。気仙沼湾で育てた昆布の養殖いかだが気仙沼魚市場前まで約2キロ流されるなど、津波は大きな被害をもたらした。

 気仙沼湾は細長く、水深が浅いため、津波の流速は上がり、特に内湾の養殖施設が大きな被害。県漁協気仙沼総合支所によると、被害額は5億円を超えるとみられる。

 ノリの養殖が盛んな塩釜市の離島、浦戸諸島でも、収穫が近いノリなどに被害。朴島では「生産額は5000万円を見込んでいたが、ゼロだ」と県漁協塩釜市浦戸東部支所の内海光雄さん(60)は残念そうだ。

 市水産課によると、ノリの生産額や施設の改修費を含めると、浦戸諸島の被害額だけで2億円ほどになる。市全体では「かなりの額に上る」(同課)としている。

 県内産カキの出荷額6割を占める石巻市では、牡鹿半島西部の県漁協各支所に大きな被害が集中。いずれも養殖棚の固定ロープなどが切れ、隣接の養殖棚に絡んだケースが大半だ。東部支所では2年ものの来シーズン用のカキ養殖棚に5割近くも被害が出ている。

シティ日本支店元幹部、海外居住装い脱税(読売新聞)
<寺島しのぶさん>ベルリン映画祭で最優秀女優賞(毎日新聞)
<鳥インフル>季節性と混合で強毒化する恐れ 東大など研究(毎日新聞)
半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」-外務省有識者委(時事通信)
県産米粉を使ったパンを販売=熊本〔地域〕(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。